迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス
お問い合わせリンク迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス

電卓

パソコンの普及が著しい現代において、パソコンのルーツの一つである電卓は独自の路線を進んでいるといえます。パソコンよりも気軽に使用できる計算器具として生き残った電卓をオフィス用品として選ぶ時、どのような点に注意すれば良いのでしょうか? 電卓の歴史やオフィス用品としての選び方を紹介します。

電卓の選び方

電卓は単純な計算を連続して行なう場合、非常に有効なオフィス用品となります。そろばんでの計算は習熟すると電卓よりも早く計算することが出来ますが、技能養成に要する時間を考えれば電卓の方が有利であるといえます。

電卓の歴史

電卓の原型となる機械式計算機は、17世紀から開発されていました。複雑な計算をこなす機能が付加されたものもありましたが、操作の難しさや腕力を必要とすることなどからあまり普及しませんでした。計算機がオフィスに置かれるようになったのは、真空管の発明によって電子計算機が開発されて以降のことです。トランジスタや集積回路といった電子部品の高性能・小型化に伴い、電子計算機の小型化が進み電卓として普及していくことになります。日本で起こった1960年代から1970年代まで続いた電卓の性能と価格の競争は、後のコンピューター開発の歴史に大きな影響を与えた転換点と考えられています。

電卓の利点

電卓は紙と鉛筆を使って行なう筆算を短時間で行なうことが出来るという利点があります。種類によっては消費税の計算や複雑な関数計算を行なえる電卓もあるため、様々な現場や業種で活用されるオフィス用品の一つといえます。また、太陽電池を動力源としている機種も多く、購入以降電池の交換なく使用し続けられるという利点を備えている場合もあります。

電卓の欠点

いいこと尽くめのオフィス用品に見える電卓にも、いくつかの弱点があります。一つは「電池切れ」です。太陽電池式の電卓でも、光が採光部に当たらなくなれば電力供給が途切れてしまい、それまでの計算結果がご破算になってしまうことがあります。他にも、「キーの押し間違いをしやすい」ことや、「機能が把握しきれない」ことなど様々にありますが、選定次第で克服できる欠点が多いとも言えます。

電卓の選び方のポイント

現在、電卓は100円均一で購入できるほど普及しています。しかし、安い電卓は家庭での使用を前提とした機能に収められていることが多く、オフィス用品として充分に機能するといえません。

職場に合わせて選ぶ

一口に「オフィス」といっても、無数にあるオフィスの間には「職種の違い」という大きな違いが存在しています。この職種の違いは、必要とする電卓の種類にも大きく関わってきます。大きな桁数の金額を扱うオフィスであれば、10桁以上の計算が出来る電卓が必要になりますし、工学系のオフィスであれば複雑な計算をこなす関数電卓が必要になります。

使いやすさで選ぶ

電卓を扱っているメーカーによって、電卓の機能には違いがあります。計算結果を記憶できるメモリー機能のように標準機能となっているものや、消費税を課税する機能や今までの計算結果を総合計できる機能のように一部の機種にしか実装されていない機能など、違いが見られます。電卓の機能は、電卓自体の使いやすさを左右するためオフィスで役に立つ機能を持った電卓を選ぶことが肝心です。

オフィス用品
<a href="http://office1adv.com/" target="_blank"><img src="http://office1adv.com/img/banner.gif" alt="オフィス用品" width="88" height="31" border="0"></a>

迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス

<a href="http://office1adv.com/" target="_blank">迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス</a>

広告掲載