迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス
お問い合わせリンク迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス

クリアファイル

書類の持ち運びといえば、昔は茶封筒が一般的でした。しかし、外からは区別が付けにくいため違う書類が入った封筒を持っていってしまうようなミスも度々ありました。クリアファイルは、そういった書類の間違いを無くすことが出来るオフィス用品です。クリアファイルの使い方と選び方を解説していきます。

クリアファイルの選び方

クリアファイルには、「透明な樹脂で作られた薄い袋状のもの」と「書類や写真を収納するための表紙付きのもの」の二種類があります。正確には前者がクリアファイルと定義されていますが、一般的には後者もクリアファイルとして扱うことが多いのです。

クリアファイルの利点

クリアファイルの利点は、「複数の書類をまとめて持ち運べる」ということと「どの書類が入っているかを確認できる」ということです。折り目の付いた書類は、相手に良い印象を与えませんし破れやすくなってしまうという欠点が生じます。しかし、クリアファイルを使うことで書類を保護しつつ中身を簡単に確認することが出来るというわけです。

クリアファイルの欠点

クリアファイルの欠点は、「容量が限られている」「書類の整理に向かない」ということです。袋状のクリアファイルは薄く作られている都合上、冊子状になった多量の書類を収納するのに向いていません。また、表紙付きクリアファイルは複数のページがあるため袋状のものよりも多くの書類を収納できますが、書類が一つのページに複数収納されるとごちゃごちゃになって検索性が悪くなってしまうのです。

クリアファイルの用途

クリアファイルは、一般的には書類の持ち運びに使用することが主な用途と言えますが企業や団体などではまったく別の使い道があります。それが「無料配布品」としての用途です。企業や団体のロゴマークなどを印刷したクリアファイルを、ポケットティッシュなどの無料配布品と一緒にイベントなどで配布するのです。クリアファイルは一般家庭でも活用されることが多いので、必然的に人目に触れやすくなり多大な宣伝効果を得ることが出来るというわけです。

クリアファイルの選び方のポイント

クリアファイルは、消耗品であると割り切って選ぶ必要があります。素材の性質上、折れたり破れたりすることが多いためです。これは、袋状クリアファイルも表紙付きクリアファイルでも同じように考えるべきです。

素材で選ぶ

クリアファイルの素材は、プラスチック系樹脂が主流となっています。プラスチック系樹脂は、焼却処分すると有害なガスを発生させる恐れがあります。メーカーによっては有害ガスが発生しない再生プラスチックを利用していることがあるので、廃棄のことを考えて素材で選ぶのが重要です。

印刷技術で選ぶ

無料配布するクリアファイルを選ぶ場合は、扱っているメーカーの印刷技術を選択基準にしましょう。印刷したロゴマークなどが剥がれてしまうと書類やかばんの中が汚れてしまう恐れがあるだけでなく、配布された消費者の悪印象を招くことにも繋がるからです。クリアファイルの印刷を行なっているメーカーは、多くの場合サンプル品を配布して選定の手助けをしていることがあります。サンプル品を活用して、どのメーカーを選ぶかを決定するようにしましょう。

オフィス用品
<a href="http://office1adv.com/" target="_blank"><img src="http://office1adv.com/img/banner.gif" alt="オフィス用品" width="88" height="31" border="0"></a>

迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス

<a href="http://office1adv.com/" target="_blank">迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス</a>

広告掲載