迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス
お問い合わせリンク迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス

ラベルプリンタ

ラベルプリンタは、オフィスのみならず家庭の必需品として浸透している電化製品といえます。
文章や絵をシールに印刷するという機能は、様々な場所で活用され私たちの生活を豊かにしているのです。ここでは、ラベルプリンタの使い道や選び方などを解説していきます。

ラベルプリンタの選び方

私たちの生活において、ラベルは非常に重要な役目を持っています。買い物をする場合、価格などが記載されたラベルが商品に貼られていることは珍しくも無いことですし、所有物に自分の名前を記すためにラベルを使います。ラベルプリンタは様々な目的で使用されるラベルを印刷するオフィス用品なのです。

ラベルプリンタの種類

一般に言われるラベルプリンタは、二つに分類できます。一つは大型量販店やスーパーなどで使用されている商品用のラベルプリンタ、もう一つはオフィスや家庭などで使用されているテープ状のラベルに印刷するラベルプリンタです。一般的には後者がラベルプリンタとして認知されています。また、CDやDVDの表示面に印刷出来るプリンタをラベルプリンタと呼ぶことがあります。

ラベルプリンタの用途

ラベルプリンタは、使用される場所によって用途が異なります。量販店やスーパーで使用されるラベルプリンタは、商品管理用に使用されます。ラベルに印刷された商品に対応したバーコードは、「いくら売れたのか」「在庫は何個か」といったことを店に伝達してくれるのです。オフィスや家庭で使用されるラベルプリンタは、「誰のものかを明確にする」「注意事項を書き込む」「帳簿やファイルを分類する」ためなどに使用されています。ラベルプリンタの機種によっては、パソコンと連携する機能を持っていて複雑な模様や改行を含む文章を印刷することが出来ます。

ラベルプリンタのデメリット

一般家庭にも普及するほどのヒット商品となったラベルプリンタにも、いくつかのデメリットがあります。まず「機種やメーカーが違うと消耗品を転用できない」ことが挙げられます。メーカーの違いはともかく、機種の違いでもインクリボンなどの消耗品が使えなくなるのは、余計な出費を伴う痛いデメリットといえます。

ラベルプリンタの選び方のポイント

ラベルプリンタは、用途によって選ぶ必要が大きいオフィス用品であるといえます。一般家庭などでも使われるラベルプリンタは商品管理用には使えませんし、商品管理用のラベルプリンタも機種によっては一般家庭やオフィスで使用するには大きすぎることもあるのです。

消耗品の入手しやすさで選ぶ

ラベルプリンタは、ラベルテープやインクリボンなどの消耗品が必要不可欠な器具であるといっても過言ではないでしょう。熱転写式ならばインクリボンが不要でもラベルテープは絶対に必要です。会社であれば、ラベルプリンタを納入した業者から消耗品を纏めて買い込むことが出来ますが、万が一の場合を考えると消耗品が入手しやすい機種を選ぶのが得策といえます。

機能で選ぶ

パソコンとの連携など、多機能化したラベルプリンタを選択肢に入れることも一つの考え方といえます。ラベルプリンタを導入している会社の中には、郵便物に貼り付けるラベルの印刷や生産先の情報を商品に貼り付けるなどの用途に活用しているのです。先人の良い所を見習うことも、オフィス用品を活用するためには必要なことなのです。

オフィス用品
<a href="http://office1adv.com/" target="_blank"><img src="http://office1adv.com/img/banner.gif" alt="オフィス用品" width="88" height="31" border="0"></a>

迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス

<a href="http://office1adv.com/" target="_blank">迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス</a>

広告掲載