迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス
お問い合わせリンク迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス

タイムレコーダー

会社の運営において、社員の出退勤状況を把握することは非常に大事なことです。人件費の負担や有給休暇などの保障を円滑に行なうためにも、何らかの形で出退勤を厚生に記録するタイムレコーダーが必要となるのです。ここでは、タイムレコーダーの成り立ちや選び方などを紹介していきます。

タイムレコーダーの選び方

タイムレコーダーは、タイムカードと呼ばれる専用の記録用紙に出勤・退勤時間を打刻して、出退勤状況を客観的に把握しやすくするオフィス用品です。

タイムレコーダーの歴史

タイムレコーダーは1871年のアメリカで、ジョン・C・ウィルソンによって発明されました。ウィルソンの発明したタイムレコーダーは記録用紙に紙テープを使用しているのが特徴で、後にタイムカード方式のものが現れ現在に引き継がれていくことになります。日本におけるタイムレコーダーの歴史は1931年に始まります。国産タイムレコーダー第一号は、当時の総理大臣である浜口雄幸の奨励もあって急速に普及していくことになります。

タイムレコーダーの用途

タイムレコーダーは、主に「社員の出退勤時間の記録」と「社員の勤怠状況の把握」のために使われます。社員の申告による出退勤時間や勤怠状況の把握は不確実になりやすく、嘘が紛れ込む可能性が高いといわざるを得ません。また、「ガードマンの深夜見回りの勤怠の確認」にもタイムレコーダーが使用されます。遊園地やデパートなどの、定期的な見回りが必要な施設の各所にはガードマン用のタイムレコーダーが設置されていて、巡回したことを確認するために使われているのです。またタイムレコーダーは、食品の消費・賞味期限をラベルに刻印する機械としても使われています。

タイムレコーダーの欠点

タイムレコーダーは、客観的にかつ機械的に出退勤や勤怠を管理することが出来ますが、導入には慎重にならなければなりません。社員同士が遅刻してもいいように互いのタイムカードを押し合うように同盟を結べば、タイムカードそのものの意義が失われることがありますし、タイムカードの集計という新しい作業を誰かに割り振らなければならないのです。

タイムレコーダーの選び方のポイント

タイムレコーダーの主流となっているのは、タイムカードに記録するカード式のものといえます。タイムカードには一か月分の出退勤データを記録できるというメリットがあるからです。最近は本人でなければ打刻できない機能を持った機種が現れています。

記録方式で選ぶ

最も普及しているタイムカード式は、実績を持ったタイムレコーダーであるといえます。しかし、本人以外がカードに打刻できるというデメリットがあります。最近急速に普及しているのが、生体認証を利用したタイムレコーダーです。指紋や掌紋などの偽造できない身体の特徴を本人証明として使用して、レコーダーに繋いだパソコンに出退勤時間を記録するのが特徴です。生体認証式はパソコンとの連動を前提としているためカードを必要としないだけでなく、専用のソフトで出退勤時間から勤怠状況を管理することが出来るというメリットを持っています。生体認証式以外にも、専用のICカードを使用するタイムレコーダーもパソコンとの連動によるメリットを受けられます。

コストで選ぶ

記録方式の違いは、メリットだけでなくデメリットを併せ持っています。基本的には生体認証式が最もコストが高く、次いでICカード式、最もコストが安く済むのがタイムカード式です。タイムレコーダーの場合は、「導入コスト」と「記録方式のメリットとデメリット」を選択の基準として考えていくのがベストといえます。

オフィス用品
<a href="http://office1adv.com/" target="_blank"><img src="http://office1adv.com/img/banner.gif" alt="オフィス用品" width="88" height="31" border="0"></a>

迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス

<a href="http://office1adv.com/" target="_blank">迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス</a>

広告掲載