迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス
お問い合わせリンク迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス

レジスター

コンビニやスーパーで見かけるレジスターは、金銭の管理だけではなく商品の管理も同時に行っています。レジスターの進歩は、店舗は余剰在庫を抱え込まなくなるだけでなく金銭面のトラブルも抑えられるなどの様々なメリットをもたらしているのです。ここでは、レジスターの歴史や選び方を紹介していきます。

レジスターの選び方

レジスターは正確には「キャッシュレジスター」といい、「レジ」と短縮形で呼ばれるのが一般的です。レジスターは「金銭を登録する機械」という意味を持っていて、店頭でやり取りされる売り上げを記録する基本機能を有したオフィス用品なのです。

レジスターの歴史

レジスターが開発されたのは、1878年のアメリカのことです。喫茶店を経営していたジェームズ・リティが、商品と代金のやり取りを公正に行なう手段として考案したのが始まりと言われています。リティが最初に開発したのは、商品の価格と受け渡された代金を表示するという極めて単純な構造を持った表示機でしたが押しボタン入力などレジスターの原点と呼んで差し支えないものでした。その後リティは売り上げを記録する機能を備えたレジスターを開発するなどしていますが、本業であった喫茶店経営に尽力するためレジスター事業の権利をNCR社に売却します。レジスターを基幹産業としたNCR社はレジスターの業界シェアのトップを握ることになるのです。

レジスターのメリット

レジスターを導入することによって得られるメリットは、POSシステムによる商品の管理が上げられます。POSシステムは「販売時点情報管理システム」と言い、商品をレジに通した時点で店舗の在庫管理を行なうコンピューターに情報が送られ、売り上げを記録するシステムです。一日の売り上げから一ヶ月・一年といった長期的な売り上げデータを管理することが出来る上に、在庫の把握も出来るなどの優れたメリットがあります。また、コンビニに導入されているレジスターにはお客の年齢や性別などの情報を記録する機能があり、客層を把握するための情報を集めることが出来ます。その他にも領収書を印刷する機能や自動的に入金とつり銭の払い出しを行う機能を持ったレジスターなどもあります。

レジスターの選び方のポイント

レジスターは、お金を扱う機械であるからこそ様々なポイントに注意して選ぶ必要があります。また、病院や薬局などの医療費計算が必要な業種に対応したレジスターもあります。

POSシステムで選ぶ

レジスターを選ぶポイントとなるのは、「POSシステムの有無」です。個人商店のような小さな規模の店ならば、レジスターだけで完結するPOSシステムを持ったレジスターか、レシートの印刷機能や一日の売り上げを出力する機能などの基本機能のみに絞りこんだレジスターで充分といえます。

セキュリティ性で選ぶ

レジスターは、お金を納めておくトレイがあるためある程度のセキュリティ性を考えておく必要があります。POSシステムにはレジスターを扱う人間の不正を防ぐという副次的な効果があります。ほとんどのレジスターは、トレイに鍵が掛けられる構造になっていますが防犯効果を高めるのであれば、トレイを交換できる機能のあるレジスターを選ぶと良いでしょう。

オフィス用品
<a href="http://office1adv.com/" target="_blank"><img src="http://office1adv.com/img/banner.gif" alt="オフィス用品" width="88" height="31" border="0"></a>

迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス

<a href="http://office1adv.com/" target="_blank">迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス</a>

広告掲載