迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス
お問い合わせリンク迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス

その他文具・事務用品

オフィスを構成するオフィス用品は、特別なものばかりではないといえます。作業するための机や椅子、接客する応接間のテーブルやソファーもオフィス用品だといえます。そういった何気なく存在するオフィス用品はどのように選べばいいのでしょうか。ここではその他の文具や事務用品の選び方を紹介していきます。

その他の文具・事務用品の選び方

オフィスというものは、適度なバランスを保っている方が使いやすいといえます。機能性一辺倒で構成するとコストが天井知らずになってしまうし、低コストを重視すれば「安物買いの銭失い」にもなりかねません。つまるところ、「使う人が快適に作業できること」を目的にしていなければならないと言うわけです。

机と椅子の選び方

机と椅子は、オフィスを構成する重要なオフィス用品であると言い切っても良いでしょう。パソコン操作や書類の作成は机に向かって行なう作業になることや、社員が効率よく働くためには欠かせないオフィス用品なのです。机は引き出しつきで作業しやすい大きさのものを、椅子は高さを簡単に変えられる機構が付いたものを選ぶのが基本です。特に椅子の高さを変える機構は、座り作業で痛めやすい腰を守るためにも必要不可欠です。

応接室の設備の選び方

応接室は、取引先との面談や就職希望者との面接を行なうなどの会社を維持する上で必要な設備といえます。ソファーとテーブルを置いたオフィスの一角をパーティションで区切るだけでも応接室になるので、小規模のオフィスにも備えておける設備といえます。応接室を構成するソファーは、腰掛けたときに深く沈みこまないものが良いでしょう。柔らかすぎるソファーは疲れにくいものの、座っている人が落ち着かなくなるというデメリットがあります。テーブルも低すぎると前傾姿勢をとり続ける格好になり、腰を痛めやすくなってしまいます。

パソコンの選び方

一昔前は企業にも普及しきっていなかったパソコンは、現在ではどんな職種のオフィスにも欠かせない重要なオフィス用品となっています。オフィス用品としてのパソコンは、基本的には据え置き式のデスクトップパソコンが主流ですが、ノートパソコンを支給する企業もあります。オフィス用品としてパソコンを選ぶ場合は、Windowsを搭載した機種を第一の条件としておくのが無難です。それ以外の要素としては、「メモリとハードディスク容量の大きいものを選ぶ」「机の余剰スペースを考えて選ぶ」ことなどが重要と言えます。

筆記用具の選び方

パソコン全盛の時代とはいえ、ボールペンや鉛筆が完全にオフィスから姿を消したというわけではありません。書類へのサインや図面への書き込みなど、様々な場面で手書きする必要があることには変わりないのです。オフィス用品としての筆記用具の選び方は「インクが滲みにくい」ことや「長い時間使用していても手が疲れない」ことが重要になります。人間工学に基づいて設計されたボールペンは少々値段が高いのが難点ですが、選択の条件を満たす最適な筆記用具の一つであるといえます。

オフィス用品
<a href="http://office1adv.com/" target="_blank"><img src="http://office1adv.com/img/banner.gif" alt="オフィス用品" width="88" height="31" border="0"></a>

迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス

<a href="http://office1adv.com/" target="_blank">迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス</a>

広告掲載