迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス
お問い合わせリンク迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス

その他ノート・紙製品

20世紀末に急速に進んだパソコンの普及は、オフィスの様相を一変させるほどの強い影響を与えたといえます。しかし、パソコンの普及に伴って訪れると思われていたペーパーレス・オフィスは未だに実現していません。ここでは、オフィス用品として欠かすことの出来ない紙製品の選び方を解説していきます。

その他のノートや紙製品の選び方

人間の文明において、何かの無駄を省くために新しい発明が生まれることは一種の必然であったといえます。私たちの生活に欠かせない紙も、古代中国において高価な絹布の代わりの記録媒体として発明されたものです。紙は、発明されて以降人類の文明を支える重要な道具となっています。

オフィス用品としての紙

紙は、オフィスを支える基本的なオフィス用品であると言えます。取引先と交わす契約書や、領収書や請求書、資料やパンフレットなど紙で出来た道具は、全て会社の運営に大きく関わるものです。逆に言えば、紙がなければ会社を含めた社会全体の運営が滞ってしまうのです。

ノートの用途と選び方

学校生活では先生の話や板書を写し取り授業の内容を書き留めるノートは、会社生活でもオフィス用品として使用されています。その用途は、「仕事に関する内容を書き留めること」だけではなく、「破ったページで同僚に伝言を残す」「他人に見せることを前提にしたアイデア帳」といった使い方などがあります。ノートをオフィス用品として使用する場合、「ページを破ること」を前提にして選ぶのが最善であるといえます。糸綴じの大学ノートは、きれいに破けない上に糸綴じそのものが弛んでしまうことがあります。出来れば破きやすく丈夫なリング綴じのノートを選ぶようにしましょう。

印刷用紙の選び方

印刷用紙は、オフィス用品としての紙製品の中でも多用される機会が多いものといえます。コピー用紙やファックス用紙にプリント用紙と、印刷機能を持つOA機器には必要不可欠なのです。一口に「印刷用紙」といっても、機器の種類によって使える用紙が違ってきますし、社内だけで使用する用紙と社外に持ち出す用紙を使い分ける必要があることも少なくありません。印刷用紙を選ぶ際には、「カラー印刷の場合は発色の良い専用用紙」「社内で使用する書類には再生紙」といった条件に基づいて選ぶようにしましょう。

請求書・領収書の選び方

請求書や領収書は、取引先との金銭のやり取りを円滑に進め、会社運営に欠かせない出費を把握するためなどに必要な書類です。請求書や領収書は、文房具店でも販売されていますが出来れば外部へ発行する機会の多い領収書は、出来れば偽造防止加工が施されたものを選びたいものです。

オフィスのペーパーレス化とは

パソコンの普及がもたらすとされていた「ペーパーレス・オフィス」という概念をご存知でしょうか。高度に発達したパソコンの普及によって、記録や伝達のために紙を消費する必要がなくなり、オフィスから紙が消えるという考え方です。しかし、パソコンが普及した現在ではペーパーレス・オフィスは実現しないものと捉えられています。書類の印刷やコピーの必要性や、手書きでなければ効果が認められない書類の存在など、社会はまだ紙が必要であることには変わりないからです。現在は株券などの有価証券のペーパーレス化が進められていますが、完全なペーパーレス社会に移行する見通しは立っていないというのが現状です。

オフィス用品
<a href="http://office1adv.com/" target="_blank"><img src="http://office1adv.com/img/banner.gif" alt="オフィス用品" width="88" height="31" border="0"></a>

迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス

<a href="http://office1adv.com/" target="_blank">迷える子羊の為のオフィス用品の選び方ワンポイントアドバイス</a>

広告掲載